【事例あり】「つい、欲しくなる!」Twitterコスメプロモーション3つの秘訣

世の中に溢れている数多のコスメの中から、自社の商品を選んで購入してもらうにはどんなTwitterプロモーションをすればいいの?」と悩んではいませんか?

実は、ユーザーに認知され、購入されやすくなる3つの秘訣があるんです!

コスメプロモーションは「認知」「体験」「自分事」で「つい、欲しくなる!」

秘訣1:商品を「認知」してもらう

動画広告のイメージ

新発売の商品や、購入促進したい商品も、まずは”存在を知ってもらう”ことから始まります。そのために効果的なのは、動画広告を配信すること。動画は、画像広告に比べて、1.7倍も注視されやすいことが分かっています。まずは、商品を沢山のユーザーの目に触させることをしましょう!

秘訣2:企画に参加で「体験」を提供

プレゼントのイメージ

知ってもらった後は、商品に関連する企画に参加してもらいましょう。

例えば、自分にはどの商品が合うのか診断できる・サンプルが当たるキャンペーンへの参加・クイズ形式の投稿に答えてツイートしてもらう、などです。そういった「体験」を提供することで、ユーザーの記憶に深く定着しやすくなります

秘訣3:友人やインフルエンサーの口コミ投稿で「自分事化」

口コミのイメージ

最後に、口コミを投稿してもらいましょう。例えば、インフルエンサーに商品を紹介してもらう、サンプルを提供してツイートしてもらう、などです。

企業側の意見だけではなく、友人やフォロワー、インフルエンサーが「実際に使ってみての感想」を話してくれれば、一気に使ってみたいと思うハードルを下げることができます。そうすることで、購入する選択肢に入れてもらうという「自分事化」することができます。

3つの秘訣を実行している事例5つ

①マキアージュ「運命のブラウン」

動画広告で「認知」

商品の動画広告を、Twitter上で投稿しています。なりたい顔ランキング1位に輝いている白石麻衣さんを起用することで、注目度も高くなっています。


診断してツイートしようで「体験」

https://twitter.com/maquillage_jp/status/1152080625525911552

webサイト上に自分の写真を投稿すると、瞳の色からオススメのアイシャドウを診断してくれるサービス。マキアージュの公式Twitterをフォローし、診断結果を投稿した人の中から抽選で300名に商品をプレゼントするという企画を行なっています。

ユーザーへは、

・自分に合った商品を診断してもらえる

・投稿するだけでプレゼントがもらえるチャンス

というメリットを提供できます。

企業にとっては、

・オススメした商品を購入してもらえる可能性が高い

・ツイートしてもらうことで、認知度が増す

というメリットがあります。


ゆうこすさんがインスタライブで紹介で「自分事化」

https://twitter.com/yukos_kawaii/status/1152894553193504769

インフルエンサーとして絶大な人気を得ている”ゆうこす”さんが、インスタライブで商品を紹介しています。「この人が紹介して褒めているなら買ってみようかな」と、ユーザーの購買意欲を掻き立てる決定打になっていると言えるでしょう。

②インテグレート「#プロフィニッシュリキッド」

動画広告で「認知」

https://twitter.com/INTEGRATE_PR/status/1169218553314185217

15秒間の動画広告を投稿しています。タイムライン上に表示されただけでは音声が流れないため、字幕スーパーをつけている所もポイントです。こちらの動画は1.4万回以上も再生されています。


動画×プレゼントキャンペーンで「体験」

https://twitter.com/INTEGRATE_PR/status/1168720267541192710

アカウントをフォロー&投稿をリツイートでプレゼントキャンペーンに参加できる。

・人気のお笑い芸人を起用し、注目度アップ

・リツイートを促すことで、参加してもらいやすい

・投稿が拡散されることで、多くの人に見てもらえる

という点が優れています。


口コミ投稿で「自分事化」

https://twitter.com/YONYON63328577/status/1180051585809838080

購入した商品を、ユーザーがハッシュタグ付きで投稿している例です。

「どの商品を選ぼうかな?」と迷った時に、「口コミで褒められていたな」と思い出してもらえれば、購入に繋がりやすくなります。

③ビオレ「TEGOTAE」

人気声優が語りかける動画を広告配信で「認知」

「リフレッシュしてもらう」という商品のコンセプトに合わせて、癒し系の音声が流れる動画広告です。「動画の音声を聞きたい=広告の内容を聞いてもらえる」という、ユーザーと企業側両方にメリットのある動画となっています。

https://www.kao.co.jp/biore/lineup/c_tg/special/

動画広告には複数のパターンが用意されており、その全てを聞いてもらえるようにまとめページが作成されている力の入れようです。


ユーザー参加型のキャンペーンで「体験」×「自分事化」

#ビオレてごたえ #体感キャンペーン

https://www.kao.co.jp/biore/lineup/c_tg/lp/

アンケートに答えて応募すると、サンプルが届くキャンペーンです。

Twitter上には、こちらのキャンペーンに参加し、当選したユーザーの声が多数投稿されています。

https://twitter.com/tamitami_love/status/1184014015183278082?s=20

④KOSE「エスプリーク」

”動画広告×リツイートで参加キャンペーン”で「認知」と「体験」

https://twitter.com/ESPRIQUE_KOSE/status/1184272748203401216?s=20

公式アカウントをフォローし、動画広告の投稿をリツイートするだけで抽選で10名に商品が当たるキャンペーンです。

・動画広告で認知度を高め

・フォロー&リツイートで参加という分かりやすいキャンペーンで体験を提供

している事例です。


口コミ投稿で「自分事化」

発売前の商品をユーザーに提供し、感想をTwitterに投稿してもらっています。

⑤ニベア「ディープモイスチャーリップ」

”動画広告×ツイートで参加キャンペーン”で「認知」と「体験」

https://twitter.com/nivea_promo_jp/status/1183759366605787137?s=20

動画広告に出てくる物をツイートすると、期間中毎日51名に商品が当たるというキャンペーンです。

・動画広告で認知度アップ

・動画の中にツイートのヒントが隠されているため、注視されやすい

・フォロー&ツイートでキャンペーンに参加できるという「体験」を提供

・ツイートしてもらうことで、拡散される

というメリットがあります。


ツイートすると、すぐに当たり外れの返信が返ってくる仕組みになっているのもポイントです。

簡単に参加でき、結果もすぐに分かるため毎日の参加を促すことができ、より一層の拡散が見込めます。


「使いたい」口コミで「自分事化」

https://twitter.com/bambi1411/status/1184214692958392320?s=20

キャンペーン投稿に合わせて、この商品を使いたい!という口コミが寄せられています。キャンペーンの投稿にリプライという形で寄せられることも多いため、沢山の人の目に触れる確率が高くなり、効果的です。

まとめ

Twitterでのコスメプロモーションは、

・動画広告で認知度をグンと高める

・診断やキャンペーンなどへの参加を促し、体験を提供する

・口コミ投稿で購入の選択肢に入りやすくする

という3つが成功の秘訣でした。


N2Pでは、本記事で紹介した「ツイート・リツイートですぐに結果が分かるTwitterキャンペーン」のためのRTWINシステムを提供しています。

ぜひ下記のリンクから詳細をご覧ください。


デジタルマーケティングで最近気になることはありますか?調査して記事にします!

2020-04-29T19:04:44+09:00