fbpx

AR最新事例!アプリ不要の新時代マーケ デジタルプロモーションラボ

こんにちは!N2Pの村上烈です!


昨今では音楽ライブやスポーツ観戦、大学の授業など、VRを取り入れ会場に行かなくても体験できる形を取り入れているところが増えています。では、そのVRの前に流行ったARは現在どうなっているのでしょうか。2009年セカイカメラで皆様の手元で気軽にARを体験できるようになり、2016年ポケモンGOで拡張現実が一気に日常に入ってきた中、最近ではARでどのようなデジタルプロモーションが行われているのかについて探っていきたいと思います。


*本記事はYoutubeにて配信中のAR最新事例!アプリ不要の新時代マーケ デジタルプロモーションラボ2020/08/04の内容の書き起こし記事となります。


1.サッポロビールがAR広告キャンペーン実施、ブランド理解広げる


サッポロ黒ラベルビール缶や東京・渋谷の街中などにあるロゴマークを、スマートフォンで起動したARカメラでかざすことで体験可能なキャンペーン。


色んな所に行って、ARカメラかざすと「#20歳の自分へ」向けたメッセージと題し、澤穂希(さわほまれ)さんをはじめとする6人からのメッセージを視聴できるというもの。AR使ったプロモーションとしてはかなり普通なのですが、なにが今までと違うのかと言うと、WEBブラウザからAR体験ができるところです。


今までは専用のアプリやARアプリを通してでしかAR体験ができなく、どうしてもアプリ開発コストやユーザーの導線が複雑になりがちだったのですが、カリフォルニアのスタートアップ8th WallのWebAR技術というものを起用することでアプリダウンロード不要でARコンテンツを楽しめるようになっています。


とにかくユーザー導線が課題だったARが、WebARの技術発展によってかなり身近に楽しませることができるようになっているので、デジタルプロモーションの提案としてARを入れていっても通しやすくなっていくのではないでしょうか。


例えば、株式会社palanのアプリダウンロード不要で楽しめる「WebARによるスタンプラリー」のサービスでは、実際のスタンプ台やポイントを設置したり台紙を配布したりせず、スマホ持ってチェックポイント行ってブラウザを立ち上げてマーカーをカメラで撮ればスタンプゲット、とかなりお手軽にできるようになっています。小売店などに足を向かせたい!などの課題にも対応できるのは素晴らしいですよね。


■サッポロビールがAR広告キャンペーン実施、ブランド理解広げる

https://blog.sapporobeer.jp/knowledge/10757/

■アプリ不要で楽しめる「WebARによるスタンプラリー」の提供を開始しました

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000028239.html

2.魚たちが3Dで泳ぎ出す!「#おうちで水族館のサバイバル」飛び出すARぬり絵投稿キャンペーン


塗り絵の台紙をダウンロードしてから印刷し、そこに書かれている魚に色を塗って専用アプリで読み込むと、その魚たちが浮き上がって画面の中で泳ぎだすというAR塗り絵です。さらにそれをSNSに投稿することでデジタルインセンティブがもらえるというユーザージェネレイテッドコンテンツ UGCを活用したキャンペーンも行っており、ただ子供と遊ぶというだけでなく認知拡散も促していて、画面キャプチャやアプリ内で容易に写真映像にできるというARの利点をうまく使っていますね。


ポケモンGOと同様の位置情報ゲーム、ドラクエウォークでもゲーム内に出てくる敵キャラクターをARフォトフレームにできる機能を使って#かいしんの一枚で投稿させるなどやっていて、IPものとの親和性は高そうです。


■魚たちが3Dで泳ぎ出す!「#おうちで水族館のサバイバル」飛び出すARぬり絵投稿キャンペーン

https://publications.asahi.com/original/shoseki/sv/sub/aquarium/

3.水溜りボンドやはじめしゃしょーも参加!豪華景品がもらえる「#家ナカARSQUAREコンテスト」


動画アプリ「AR SQUARE」が人気クリエイターの水溜りボンドとタッグを組み、Twitter投稿コンテストを実施しました。


好きなタレントやキャラクターと一緒に撮影ができるAR SQUAREというアプリを使って行っている大喜利キャンペーン。先程IPものとあうかもなんて言ってましたが、まさにキャラクターで認知を広げて、おもしろ動画をSNSに投稿させるユーザージェネレイテッドコンテンツなキャンペーンですね。大喜利の内容も#こんなところに部門、#一緒にやってみた部門、#自由演技部門と投稿しやすいようにしてあり、さらに人気Youtuberの水溜りボンドが審査してくれるというところでその世代の人が投稿しやすくしてあります。


■水溜りボンドやはじめしゃしょーも参加!豪華景品がもらえる「#家ナカARSQUAREコンテスト」

https://yurusports.com/sports/aryurusports

4.コロナの影響で外出自粛が続く中、自宅で楽しめる「AR非接触イチゴ狩り」を提供


ZEPPELINが開発したARプラットフォームをベースに、消費者が自宅に居ながらARを活用して楽しく買い物ができるECサービス、「ARマーケット」を活用したイチゴ販売プロモーションです。ARで画面上のイチゴを摘んでいくと最終的に摘んだイチゴが買えるというバーチャルいちご狩り体験かつ実際商品が届くというもの。ARのレベルが高くなればバーチャル試着などもレベル上がるでしょうし、家具の配置や建築もAR活用が増えてきているのでARマーケットは伸びていきそうですね。


■コロナの影響で外出自粛が続く中、自宅で楽しめる「AR非接触イチゴ狩り」を提供

https://oab5589.com/oyakobattery/

まとめ

いちいちアプリをダウンロードして小さい画面でなにか動くレベルだったARが、WEBブラウザでもできる、ECとつなぐ、などプロモーションとして身近になってきています。LINEやSNOWでの変顔写真やGoogle翻訳アプリの外国語にカメラをかざすと画面上で翻訳してくれるというのもARですので、もうとっくのとうに身近になってきています。ARをどのようにデジタルプロモーションに活かすか、考え甲斐がありそうです。これであなたの企画もネクストステージですね!


それでは、今回はこのへんで!また会いましょう!


【関連】

◆Youtubeでの動画解説も合わせてご覧ください

チャンネル登録はこちら↓

https://www.youtube.com/channel/UCESTxPTU_nefsKC8FzjtNPg


◆Podcastで音声のみの配信もしております

2020-08-26T13:27:31+09:00